常に綺麗にする

壁に取りつけられているトイレ

お風呂や水周りは、大雑把に分類すると下記の機構や機能があります。 ・水を貯める ・水を使う、排出する ・人や道具の出入り ・湿度を何らかの方法で逃がす 上記の機能を維持するために、 ステンレスといったサビに強い材質や 配水管だったり防水加工だったり 換気扇やその他さまざまな機能が備わっています。 ですが、日常的に利用していると それらの材質や機能に一定の劣化が発生してきます。 たとえば、風呂桶の外側「エプロン」と呼ばれる部分には 防水処理がなされていますが、 人の見えない微細なキズがつくことが多いのです。 そのキズに石鹸の残りや皮脂といった 油分やたんぱく質が挟まることで カビが繁殖することになります。 お風呂・水周りのコーティングは、 そういった「微細なキズ」を埋めたり覆ったりして カビの繁殖や汚れを防ぐことができます。 つまり、末永く清潔に風呂場や水周りを使っていくには コーティングは不可欠だと言えます。 木でできた風呂を使っていた時代とは異なり 現代社会だからこそ必要となっています。

お風呂や水周りのカビや汚れは 不衛生で病気の原因ともなりえます。 清潔に気分良く使えないお風呂では、 満足に疲れも癒せないでしょう。 そういった状態になると、 「リフォームするしかない」 と、思うのが一般的です。 しかし、リフォーム費用は決して安くはありません。 一般的な浴室リフォームでは、 51万円から100万円掛かったという例が多く、 構造によっては200万円近く掛かることもあります。 そういった事態に陥る前に、 浴室や水周りに「コーティング」を施すことで 耐用年数を延ばして リフォームせずとも使い続けることができます。 コーティングの方法としては、 フッ素コート、シリコンコート、ガラスコートなどがあります。 水周りを得意とするリフォーム会社に ガラスコート施工をしてもらうと 大変美しい仕上がりとなりますし、 コーティングも長持ちしますが、 リフォームするのと大差ない費用となります。 一方、市販のフッ素、シリコンコート剤で自ら施工すると、 1年ほどで再度施工が必要になりますが、 とても安価でコーティングが可能となります。 今後は自らコーティング作業をすることが主流になるかも知れません。